女性の一人暮らしでオススメのエリア東京編「経堂」

共益費・管理費・賃貸更新料

一人暮らしをする場合には部屋を借りることが多いでしょう。
その場合に知っておきたいことがあります。
今回は【賃貸物件を借りるときの共益費・管理費・賃貸更新料と女性の一人暮らしでオススメのエリア東京編「経堂」についてお話します。
 
  • 共益費・管理費について
 
廊下や階段やエレベーターは共有部分になります。
こういった箇所の維持や管理をするための費用が共益費や管理費という名目で集金されます。
簡単に言えば、廊下や階段の電灯を交換してくれたり、共有部分を掃除してくれたりする費用です。
 
毎月、共益費や管理費を支払っているならば電灯を交換したり廊下など共有部分の掃除はキッチリしてくれているはずです。
管理会社がタッチしているならば間違いないでしょう。では、どうして家賃とは別に共益費や管理費が分けられているのでしょうか?
 
それは割安感を出すための表現です。家賃を安くみせるための施策だったのです。
例えば、家賃が60,000円という物件よりも、家賃が59,000円で共益費が1,000円の物件のほうがお得に見えるのです。
 
インターネットで一人暮らしの部屋を探していると、どこのサイトも共通しています。
家賃の上限を○○未満とか○○以下というスタイルで検索するようになっています。
この場合は60,000円の物件を探そうとしても60,000円未満で探すと見つかりません。
 
こういった不便を避ける目的で共益費や管理費を分けるようにしているのです。
そうすれば該当する物件がグーンと増えるのです。
いいな!と思った物件の詳細を見たら、共益費が3,000円になっていてガッカリした経験はあるでしょう。
 
しかし、この共益費や管理費は料金交渉の武器にできます。
共益費や管理費はサービスしてもらえませんか?と聞いてみる価値はあるでしょう。
一般的にエレベーターが設置されているような物件は共益費や管理費が高い傾向にあります。
1階の住民でも支払わなければなりません。
実際に検討する場合は家賃プラス共益費・管理費を含めたトータルで検討するようにしましょう
 
  • 賃貸更新料について
 
一人暮らしをする場合ですが部屋の契約は基本的に2年になっています。
2年の契約が終わって継続して住む場合もあるでしょう。その場合は更新料を支払うことになっているケースが多いです。
目安としては家賃の一カ月程度です。この料金が賃貸更新料になります。2年毎に支払うことになります。
 
これは法律に掲載されている項目ではありません。
実際には更新料がないような物件も数は少なくないですが存在しています。
どうして賃貸更新料がある物件とない物件があるのでしょうか?
 
それは昔から、そういった習慣があるエリアとそうでないエリアがあるからです。
そして、更新料は不動産会社の定期的な収入源として計算されています。
手続きを不動産経営しているオーナーさんに代わって半分を代行料としてもらっています。
 
こういったことから賃貸更新料を値下げ交渉しても難しいです。
もしも、更新料が家賃の3カ月になっていたらどうでしょうか?家賃にプラスしてさらに3カ月分を余分に支払うことになります。
部屋を決める場合にはこういった部分にも注意を払うようにしましょう。
 
まあ、3カ月の更新料のところは少ないです。普通は1カ月でしょう。
でも中には1.5カ月や2カ月のところは見かけます。見落としガチなところですから注意しましょう

激安物件